平和・暮らし・いのちを守る

区民が主人公の新しい目黒区政をめざして

区政をかえよう目黒区民の会

153-0065 東京都目黒区中町2−30−10 新日本婦人の会目黒支部方   TEL・FAX 03-3714-5769




       

  2016年4月17日投票の目黒区
 長選挙に「区政をただそう目黒プロジ
 ェクト」が小泉一(こいずみ・はじめ)
 さんを擁立すると発表しました。

   
私たち「区政をかえよう目黒区民の
 会」は、小泉さんと政策協定を結び、
 小泉さんを推薦することを決定しまし
 た。
   小泉さんは、住民福祉の充実、区民
 生活の向上、区民本位の区政をめざし
 て奮闘される決意を表明されました。
  私たちは、小泉さんとともに、「区
 政をただそう目黒プロジェクト」のみ
 なさんと共同して、また、くらし・福
 祉・教育・平和を守る区政の実現を願
 う多くのみなさんと力を合わせて、全
 力でがんばります。


  「区政をただそう目黒プロジェクト」が
      作成したリーフレット
    
  「小泉一さんと新しい目黒を」
       です。小泉さんがどんな方か、わ
     かります。どうぞお読みください。

2016年目黒区長選挙に向けた

  区政をかえよう目黒区民の会の

    基本政策(案)


    「区政をかえよう目黒区民の会」は、くらし・

   福祉・教育・平和を守る区政、区民が主人公の区

   政を実現することをめざして、目黒区内の団体・

   個人によって、1998年に結成された政治団体

   です。

    1998年の区長選挙では、片岡敏康を擁立し

   ました。2002年の区長選挙では、堀田武士を

   擁立しました。2004年の区長選挙では、「新

   しい目黒をつくる会」と共同して、「明日の目黒

   をひらく会」を発足させ、中村正子さんを推して

   奮闘しました。2008年の区長選挙では、野沢

   まり子を擁立しました。2012年の目黒区長選

   挙では、松尾信彦を擁立しました。

    この5つの選挙で、当選することはできません

   でしたが、これまでの区政がくらし・福祉・教育

   を削って、大型開発を優先してきた実情、そのな

   かで利権にかかわる多くの疑惑を生み出した経

   緯、区民の声を尊重せずに、トップダウンの区政

   運営を進めてきた経過を明らかにし、区政のあり

   かたを抜本的に改める方向を提案して、多くの区

   民のみなさんのご支持をいただいてきました。

    国政で野党5党が力を合わせ、多くの市民が共

   同する情勢のもと、目黒区政についても、これま

   でより広く、大きい協力関係が発展することを願

   い、私たちの会も区政をかえるために全力でがん

   ばる決意です。